石倉の五月人形

鎧の「鎧う」とは「身につける」「物をまとって敵から身を守る」という意味があります。お節句の鎧・兜は男の子が病気や事故等の災害から身を守るためのお守りとして飾ります。そして鎧・兜は一年の無事な成長に感謝し、毎年毎年飾るものです。 お節句は「無事に大きく育て」という親の願いが受け継がれてきた、日本ならではの大切な儀式です。

サイズでえらぶ

コンパクトサイズ(横幅35cm以下)小型サイズ(36-50cm)中型サイズ(51-70cm)大型サイズ(71cm)

作家でえらぶ

人形のえらび方