なぜ飾るの?なぜ飾るの?

なぜ飾るの?

よいお顔・よい造りのものを

新しい命の誕生。
この子が無事に成長しますようにと切に願い飾るひな人形。
そして毎年のひな祭りに、我が子の健やかな成長を感謝し祝う。
今年も、来年も・・・

こんなひな祭りを繰り返し経験した子供達は両親の愛情を
しっかりと肌で感じ、心の安定した人に育っていくことでしょう。
また自分のおひなさまをいとおしみ、大切に飾る事を通して、
他人への優しい心や思いやりの心をもはぐぐんでいくことでしょう。

伝統の技につちかわれた逸品は、おとなだけでなく、
純真で無垢なお子さまにも感動を与え、豊かな心を育てます。

ひな人形は、お子様を怪我や病気といった厄災から守り、将来幸せな家庭を築けるようにと
の願いを込めたお守りです。
ひな祭りは、日本の伝統文化に触れ、季節を楽しむ心を育てる大切な機会でもあります。

生まれてから結婚するまで、
長く楽しんで飾れるおひなさまを

あこがれてこそ、おひなさま

幼い日にはおひなさまを眺め、そのきらびやかさや華やかさに憧れる。成長してからは、お顔や造形・衣装の文様など、自分のおひなさまの価値を再確認し、感動できる。飾るたび、いつまでも感動させられる。そんな存在がおひなさまです

初節句。おばあちゃんから贈られたひな人形

幼稚園。立派なお雛様が自慢でした

成人。毎年飾ってくれた両親に感謝

おひなおさめ。式場に飾り、結婚の報告

人形のえらび方