羽子板の選び方

お顔

羽子板のお顔には、手描面相、印刷面相などの種類があります。
伝統的な美人画をはじめ、最近では現代的なお顔も多く見られる様になってきました。

押絵技術

押絵とは、布で厚紙と綿を包んだパーツを組み合わせ、立体感のある絵に仕上げる技法です。
押絵は職人の技術の違いが現れる部分です。
お顔や手のバランスがよく、着物を着た女性の仕草が自然に見える羽子板をお選び下さい。
土台に衣装を貼り込んで作る、格安な木目込作り羽子板もございます。

お衣装

お衣装に使用される生地は金襴・友禅・刺繍など様々な種類がございます。
左右の色目や生地のバランスも羽子板を選ぶポイントです。

羽子板とケースは
自由に変更が可能です。
ご予算やお好みによってオリジナルのセットをお造りいただけます。

ネット掲載商品もご予算・お好みに応じて組み替えは自由に行なえます。※一部商品を除く
お気軽にお問い合わせ下さい。